内視鏡内科 消化器内科(胃腸内科)内科

も15:00まで診療 TEL 0798-56-8480

西宮市南越木岩町6-7ラポール苦楽園2階

  • TOP
  • 内視鏡検査Q&A

内視鏡検査Q&A

胃内視鏡Q&A

内視鏡を受けるのに、費用はどのくらいかかりますか?
3割負担として計算します。 胃内視鏡では5000〜7000円ほどです。大腸内視鏡で、7000〜27000円ほどです。大腸内視鏡検査中に、同時にポリープ切除を行いますので、費用は切除するポリープの数により変わります。また胃・大腸内視鏡ともに、病理検査や処置内容、点滴や薬剤投与により費用は変わります。事前検査でお勧めしている、血液検査や腹部超音波検査の費用は含まれていません。
内視鏡を受けると、時間はどのくらいかかりますか?
経鼻胃内視鏡では、内視鏡検査は10分ほどで終了します。経鼻胃内視鏡の検査前に、鼻腔内の前処置を10分程度行います。検査後に安静の必要はありません。鎮静剤を用いた胃内視鏡でも同様の検査時間ですが、安静スペースでの休息を30分から1時間程度お願いしています。
大腸内視鏡では、ポリープ切除がなければ10〜15分程度、ポリープ切除があれば15〜20分程度かかります。検査後には、30分から1時間程度の安静が必要です。
下剤注入法による胃・大腸内視鏡同日検査をご希望の場合は、鎮静剤を原則2回、安静とトイレの時間がありますので、3時間程度滞在していただきます。鎮静剤が覚めた後には、結果説明や大腸内視鏡開始まで院外で時間を過ごすことも可能です。しかし、検査日は、自動車や自転車の運転はできません。
内視鏡を受ける前に準備することはありますか?
内視鏡検査は、胃・大腸ともに絶食が必要な検査です。前日夜20時以降の食事は控えてください。コーヒー、紅茶、緑茶を含め水分の摂取は問題ありませんが、牛乳などの乳製品はお控えください。胃・大腸にまとわりついて、粘膜の観察が難しくなり、病変を見つけることが難しくなることがあります。
当院では午後の胃内視鏡を行う際、朝食後8時間程度空いていることが確認できれば行うこととしております。 大腸内視鏡を受診する際には、前日夜から便秘薬を服用していただきます。この便秘薬は、下剤の効果を助ける働きがあります。
内視鏡が終わってから、自動車を運転することはできますか?
経鼻胃内視鏡では、鎮静剤を使用しませんので、自動車の運転は問題ありません。鎮静剤を使用する胃・大腸内視鏡では、検査当日は一日自動車、自転車の運転はできません。
内視鏡の後、病気が感染したり、医療事故が起きたりすることはありますか。
内視鏡本体は、ガイドラインに則って、高水準消毒で処理します。内視鏡に関連する感染症を起こす可能性は、極めて低いと考えられます。
通常の胃・大腸内視鏡検査では、医療事故及び合併症の起こる確率は極めて低いと報告されています。鎮静剤の副作用によるふらつきや呼吸抑制が比較的見られやすいですが、生体モニターと医療者による慎重な観察を行いますのでご安心ください。ポリープ切除では、出血や穿孔(腸に穴が空く)の可能性がありますが、切除時にクリップという予防器具により切除後の傷を治療しますので、可能性は低くなります。
内視鏡が受けられるのは、どの曜日ですか?予約が必要ですか?
当院は、内視鏡専門クリニックですので、診療日には全て内視鏡検査を行っています。当院の特徴として、土日にも内視鏡検査を受けることができます。お忙しい皆さんにお役に立てればと思います。診察予約と胃内視鏡予約は、電話またはインターネットにて予約可能です。大腸内視鏡については、事前に診察が必要ですので、診察予約をお願い致します。腹部診察の他、腹部エコー、及び血液検査をさせていただきます。
麻酔を使った内視鏡を受けることができますか?
当院では、麻酔(鎮静剤)を使った内視鏡検査もお勧めしております。
当院では、経鼻胃内視鏡にも対応しております。これまで経鼻内視鏡に慣れ親しんでいる患者さんには、注射などの薬剤投与の要らない経鼻内視鏡を続けていただきたいからです。
しかし、出来るだけ安楽な内視鏡をお届けするのが当院の使命ですので、胃・大腸内視鏡での麻酔、鎮静剤の使用をむしろお勧めしております。
内視鏡検査の結果を説明されるのはいつですか?
内視鏡検査の結果は、検査当日に行います。鎮静剤を使用した患者さんでは、30分〜1時間後に行います。経鼻内視鏡を受けた患者さんでは、できる限り、速やかに説明します。組織検査は約2週間後、血液検査の結果は1〜7日後に説明致します。
胃カメラを受けるのは、どのような症状がある時ですか?
胃の痛み、胸焼け、吐き気などが代表的な症状です。ピロリ菌感染では、無症状のことが多いため、ご家族にピロリ菌感染者がいたとか、胃がん家系である場合など、積極的に受診した方が良いでしょう。
胃がん検診では、バリウム検査と胃内視鏡検査がありますが、どちらがおススメですか?
胃内視鏡検査をお勧めします。理由として、小さな病変は胃内視鏡の方が圧倒的に見つけやすいからです。まれに胃全体を一覧できるバリウム検査の方が発見率が高い胃がんがあります。西宮市では、胃がん特定検診の胃内視鏡はまだ実施されていません。
以前に胃カメラを受けたとき、とても辛くて二度と受けないと思いました。経鼻内視鏡の方が楽だと聞いたのですが本当でしょうか?
過去に胃内視鏡が辛かったといのは、患者さんにとって大変不幸なことだと思います。胃がんの早期発見の強力なツールから遠ざけられてしまうという意味で。胃内視鏡の辛さには、確かに、個人差があります。医師の技術によって、その辛さが軽くなることもあります。看護師の介助でも変わります。
一般に経鼻胃内視鏡では、舌の奥に接することがないので、吐き気が起こりにくいと言われています。デメリットとしては、鼻血や鼻の違和感があります。
その他、鎮静剤を使うと喉の筋肉が弛緩して、吐き気自体が起こりにくくなります。このため、鎮静剤を使用して、経口で胃内視鏡をするのが、最も安楽ではないかと当院では考えています。
胃内視鏡で食道を見ることができますか?
食道は、のどと胃の中間にあり、胃内視鏡の通り道です。胃に入る前、入った後の2回胃内視鏡で観察します。胃に入る前には、通常の観察法でチェックし、入った後は、NBIなどの特殊光を用いた観察法でチェックします。胃の観察と同じように組織検査も可能です。近年、逆流性食道炎が増加しており、食道観察の重要度は上がっています。
土日に内視鏡検査をうけることができますか?
夙川内視鏡内科まえだクリニックは、土日診療をクリニックの特色としています。日頃気になるお腹の症状、または便潜血やバリウム異常など検診結果で精密検査のご要望など、お気軽にご相談ください。胃内視鏡の場合は、原則、当日検査を行います。
夕方から内視鏡検査をうけることができますか?
昼食を控えていただくことで、食事をとらない時間が5時間を超える方については、当日に胃内視鏡検査を行います。
明日(今日)、胃カメラできますか?
お薬をお飲みですか?もし、たくさんの薬(3種類以上)をお飲みの時、または血液をサラサラにするお薬を飲んでいるときは、一度診察が必要です。中止が必要なお薬があるかもしれません。飲んでいる薬がなければ、予約当日に絶食でお越しください。前日は午後8時までに食事をとってください。水分は、予約時間の30分前まで自由に飲んで下さい。
アレルギーの薬、風邪薬、腰痛や肩痛の痛み止め、睡眠薬、胃の薬、血圧の薬、コレステロールの薬の内服が、1種類または2種類程度の場合も、胃カメラ予約が可能です。胃カメラ当日も内服して、来院してください。
経鼻内視鏡で、鎮静剤だったらもっと楽にできますか?
残念ですが、それはできません。鎮静剤を使用すると、酸素投与することがあります。鼻から酸素吸入をすることがあり、鼻から胃カメラが入っていると、酸素投与のルートがなくなってしまうので、危険です。
経鼻と鎮静剤経口ではどちらの胃カメラがいいですか?
どちらも甲乙つけがたい方法です。経鼻内視鏡の良い点は、麻酔をしない、注射をしないため、副作用の懸念がゼロであることです。悪い点は、敏感な鼻の中を通過するため、痛みを伴うことがあります。鼻炎や鼻中隔湾曲(鼻が曲がっている)の方では起こりやすいと思います。以前に経鼻内視鏡で検査をして不快な経験がない時は、経鼻内視鏡を選択するとよいと思います。鎮静剤の利点は、不快な感覚が一切ないことです。「オエッ」という不快な反応を鎮静剤で完全に打ち消してしまいます。早く効いて早く覚めるものを使用しますので、院内で安静を保っていただく時間も平均で10分から20分ほどです。副作用として呼吸抑制、低血圧、覚醒遅延によるふらつき、などが考えられますが、いずれも一過性のもので、急速に回復します。
どんな胃カメラがあるのですか?前回、とても辛かったのですが。
当院では経鼻胃カメラと、鎮静剤を使用した経口の胃カメラを行っております。前回の検査が鎮静剤なし(注射なし)の経口であれば、かなり辛い検査となることがあります。胃カメラが舌の根元(舌根)に検査中ずっと触れているからです。当院で行う経鼻胃カメラは、舌の根元を通過しませんので、吐き気などの辛い気分が軽減されます。しかし前回の辛い経験が本当に強烈であったのなら、鎮静剤を使用した経口の胃カメラをお勧めします。麻酔で眠った状態で検査をしますので、検査中は一切の不快な気分がありません。
内視鏡検査当日に車で行きたいのですが、大丈夫ですか?
経鼻胃内視鏡では麻酔をしませんので、車やバイクでの来院が可能です。鎮静剤を使った胃カメラ、大腸カメラでは、検査当日一日の間、車、自転車、バイクの運転は禁止です。鎮静剤は思いがけない時に効いてくることがあります。ご協力の程、お願い申し上げます。


大腸内視鏡Q&A

検診で便潜血陽性と判定されました。大腸内視鏡を受ける必要がありますか?
便潜血陽性と判定されれば、原則、大腸内視鏡を受診されることをお勧めします。大腸がんは、血管が豊富にあり、じわじわと出血することの多い病気です。このじわじわとした出血を便潜血検査は捉えます。しかし便潜血陽性だからと言って、必ず大腸がんが見つかるわけではありません。内痔核と言って、自覚のない痔をお持ちの場合も、便潜血陽性と判定されます。あくまで確認のための精密検査だと思って、気軽に大腸内視鏡を受診してください。
大腸カメラはとても痛かった、と知人から聞きました。不安です。
大腸がん早期発見を使命としている当院にとって、とても残念なことです。少しでも安楽に大腸内視鏡が受けていただけるように、水浸法による大腸内視鏡挿入法と経験豊かな鎮静剤使用をお勧めしています。また大腸内視鏡を受けてもよいと思われるように努力を怠りません。
ポリープが見つかったときには、いっしよに切除してくれるのですか?
大腸内視鏡で、ポリープが見つかったときには、同時に切除します。合併症として、まれに出血の可能性がありますが、ポリープ切除時にクリップという止血器具で止血予防を行います。
ポリープを治療してもらいました。帰宅後、注意することはあるでしょうか?
普段通りの生活を送られてください。出血予防のクリップを使用しております。まれにクリップは外れることがあります。お尻から血が出るとき、再度内視鏡処置が必要となる場合がありますので、ご一報下さい。
便秘で困っています。大腸内視鏡をする必要がありますか?
便秘は大腸が原因で起こる症状です。大腸を調べる必要があります。若い女性に多い症状です。若い方では大腸がんは少ないのですが、便秘は大腸がんの症状でもあります。一度、大腸内視鏡を受けてみてください。とても安心されると思います。また便秘の方には、ポリープが見つかることも多いです。ポリープ切除は、大腸がんの予防にもなります。
排便するときに血が混じっています。大腸を調べる必要がありますか?
重要な症状です。大腸がんは、出血を起こしやすい病気です。貧血を起こすこともあります。大腸内視鏡を受診することをお勧めします。一方でで、排便時の出血は、痔の症状でもあります。典型的な症状は、便の最後に血がついていることです。痔だと思っていたら大腸がんだった、という可能性もありますので、一度大腸内視鏡を受けることをお勧めします。
大腸カメラの事前予約はできますか?
大腸カメラは事前診察の必要があります。事前診察の予約は可能です。事前診察では、腹部エコーと血液検査を行い、内服薬やお体の状態を確認します。事前診察の後、当院で大腸カメラの予約を行います。
今日受診したら、明日大腸カメラできますか?
事前検査の受診日に、腹部エコーと血液検査を行います。血液検査の結果を確認する必要がありますので、原則的に受診日から4日以降の大腸カメラとなります。もし最近に、健診や病院受診で血液検査を行った経緯のある方は検査データをお持ちください。当院でも採血を致しますが、早めの大腸カメラ受診が可能です。
大腸カメラの前日にはどんな食事をしたらよいですか?
便秘がちな方、前回の大腸カメラで便がきれいにならなかった方はご注意ください。食べてはいけないものとしては、食物繊維が豊富なものです。特に、豆類、こんにゃく、キノコ類、海藻類、ネギなどの薬味類、ごま、ナッツ類は食物繊維が豊富です。これらの食材は、大腸カメラをすると大腸の中に残っていることが多いです。観察の妨げとなりますので、控えていただきたいと思います。そのほか、胚芽米、発芽玄米、雑穀米などもやはり食物繊維が豊富です。控えていただきたいと思います。
大腸カメラ前日のお勧めの食事としては、朝は食パンとポタージュ、ヨーグルトやバナナです。昼はうどん、卵焼きです。おやつにはプリンな ど。夕食は雑炊、みそ汁、焼き魚、豆腐などです。そのほか肉類、米飯、ゼリー、キャラメルなどは全く問題ありません。でも上記の通りでは、味気ない食事ですよね。できるだけで結構ですので、ご自分の検査のために努力してみてください。よろしくお願いいたします。
大腸カメラは、当日水分を取る必要がありますか?
大腸カメラ当日の水分摂取は必要です。大変重要です。大腸カメラの下剤は体に吸収されません。大腸の中の水分も洗い流してしまいますので、脱水になりやすい状態です。大腸カメラ当日の水分は500ml以上摂ってください。
大腸カメラの下剤(モビプレップ)は、何時間前から服用したらよいですか?
5時間前からの内服をお勧めしています。
大腸カメラの下剤(モビプレップ)は、どのように服用したらよいですか?
2Lの水に溶かした下剤を15分間隔でコップ1杯(180ml程度)お飲みください。1杯を15分かけて飲んでもよいですし、15分ごとにグイっと1杯飲み干していただいてもかまいません。各種診療案内「大腸内視鏡の案内」に動画がありますので、ご覧ください。
下剤不要の大腸カメラって、下剤を使わないのですか?
胃カメラを大腸カメラの前に行って、胃カメラを通して下剤を小腸に注入します。詳しくは、事前診察の予約受診をしていただき、医師にご相談ください。
下剤不要の大腸カメラは、危険ではないのですか?
下剤を小腸に注入できるかを事前に診察する必要があります。その上で、下剤注入法が可能かを判断します。95%以上の確率で問題なく検査ができます。ただ、下剤を注入しても吐き出してしまう方や腹痛のある方は、途中で中止しなければなりません。高齢者の方は、経鼻内視鏡で下剤注入を行うことで、胃カメラの時の鎮静剤投与量を減らします。
下剤を注入してから便意を感じるまでの時間は、どのくらいですか?
概ね10分から20分くらいです。鎮静剤を投与した患者さんは5分から10分で目が覚めますので、トイレに困る可能性は低いと思われます。
下剤を注入してから、動いた方がよいのですか?
下剤を注入した後、歩いたり、立ち上がったりすると、腸が活発になり下剤の洗浄効果が高まります。普通に下剤を飲んでいただく方にも有効です。
下剤不要の大腸カメラの予約はできますか?
下剤不要の大腸カメラは事前診察が必要です。事前診察の予約が可能です。事前診察では、腹部エコーと血液検査を行い、内服薬やお体の状態を確認します。
水浸法の大腸カメラで入った水はどうなるのですか?麻酔している間に汚れたりしないのですか?
水浸法の水は100~200㏄ほど注入されますが、その半分以上は腸から吸収されてしまいます。残りの半分は大腸カメラを抜きながら観察するときに、吸引して体外へ出してしまいます。当院は一回使い捨ての大腸カメラ検査着をご使用いただきますが、撥水効果を持っており汚れる心配はありません。
夙川内視鏡内科まえだクリニックの、大腸カメラの特徴は何ですか?
痛みのない大腸カメラを特徴としています。
① 細径の内視鏡を使用します。細い大腸カメラは腸への影響が少なく、痛みが出にくい特徴があります。
② 水浸法という、大腸カメラから水を注入しながら挿入する技術を用います。総量で100mlほどの水を少しずつ注入します。水によって腸内での抵抗が低くなるため、大腸カメラはスムーズに滑っていきます。
③ 軽い麻酔を使用します。効き目が速く、覚めるのも速いものを使用します。検査後のふらつきもありません。念のため、自動車やバイクでの来院はご遠慮ください。
④ 炭酸ガスを使用します。内視鏡を挿入した後に、腸を膨らましながら観察しますが、この時炭酸ガスを使用することで、検査後の不快な膨満感がありません。当院では、胃カメラを含めた全内視鏡検査で炭酸ガスを使用しています。
⑤ 下剤不要の、下剤注入法による大腸カメラを行うことができます。腸洗浄剤(下剤)は、最近では1リットル程度の内服で済むようになりました。それでも負担になる方が多くいらっしゃいます。麻酔して行う胃カメラから下剤を注入することで、下剤を飲むことを回避することができます。もちろん、下剤を飲むことに抵抗のない方には無理にお勧めすることはありません。
生理が始まりました。大腸カメラは延期した方が良いですか?
大腸内視鏡検査を行う上で、月経は関係ありません。しかし、月経中の不安定な心理状態で検査を受けることに抵抗があれば、遠慮なくご相談ください。日程変更などの対応を致します。一回使い切りの内視鏡検査着は、濃い紺色のものを使用していただきます。汚れが目立たないように配慮しております。


病気の内容Q&A

ポリープと癌(がん)は違うのですか?
ポリープは、胃や腸の粘膜から飛び出して大きくなっているものを表します。形を表す医学用語です。ポリープには、良性のものと悪性のものがあります。悪性のものは、癌(がん)です。大腸ポリープでは、治療すべきものと放置して良いものがあります。特殊光観察や組織検査で治療すべきものかどうかを判定します。
腫瘍と癌(がん)とは違うのですか?
良性腫瘍(りょうせいしゅよう)という言葉があります。これは腫瘍だけど良性で、現状では生命を脅かすことはない、という意味です。これは「がん」とは違います。がんは、正式には悪性腫瘍(あくせいしゅよう)と言います。これは悪性なので、放置しておくと転移して、生命に関わる腫瘍です。
このように腫瘍(しゅよう)という言葉は、良性から悪性まで、広い意味で体にできた「異質な生物」ということです。
良性であっても後になって、悪性腫瘍、すなわち「がん」となることがありますので、早めに治療することをお勧めします。
血液検査でガンの数値は正常でした。内視鏡は受けなくていいですか?
「血液検査でガンの数値」とは、腫瘍マーカーのことだと思います。残念ながら、前立腺以外の腫瘍マーカーは悪性腫瘍(がん)の早期発見には役立ちません。食道がん、胃がん、大腸がん、いずれも腫瘍マーカーの数値が上がらない進行がんもあります。内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を受けるのが良いと思います。
他所の病院で過敏性腸症候群と言われました。内視鏡は受けていません。大丈夫ですか?
過敏性腸症候群とは、内視鏡を行なっても腸の粘膜に潰瘍や腫瘍がないのに、腹痛、下痢、便秘などの症状を示す病気です。若年の方に多く、ストレスなどの心理的要因も関係します。腸粘膜に病変がないという正確な診断には、内視鏡検査が必要です。大腸カメラを受診することをお勧めします。ご自分の腸に異常がないことが確認できると、意外に気分や症状がスッキリ軽減される方も多いです。
CEAが高いと言われました。内視鏡を受ける必要がありますか?
CEAは、胃がん、大腸がんを始めとする消化器がんで高くなります。胃カメラ、大腸カメラを主体に広く腹部臓器を検査する必要があります。しかし、加齢、喫煙など「がん」以外でも上昇することがあります。


ピロリ菌Q&A

ピロリ菌が見つかりました。治療した方がいいんでしょうか?ピロリ菌検査にはどのような方法があるのでしょうか?
ピロリ菌は、胃がん、胃十二指腸潰瘍、悪性リンパ腫、特発性血小板減少症を起こす細菌と認定されています。胃内視鏡でピロリ菌の感染した胃を拝見すると、萎縮性胃炎という特徴的な胃炎が確認されます。この胃炎から全てのピロリ菌関連疾患は生じますので、早いうちに治療することをお勧めします。除菌治療により、胃がん発症率が1/6に低下します。
ピロリ菌の検査には、血液検査、便検査、呼気検査、胃組織によるウレアーゼ検査があります。治療前、治療後でお勧めする検査が異なります。また除菌治療を開始する前に、必ず胃内視鏡でピロリ菌胃炎、萎縮性胃炎を確認することが必要です。
ピロリ菌の除菌の方法を教えてください。一度除菌したけど再発することはありますか?
ピロリ菌治療は除菌治療と呼ばれますが、3種類の内服薬を1週間1日2回内服してもらいます。1ヶ月後に除菌判定をします。1回目の治療で除菌が確認できる確率は90パーセント、2回目での確率は90パーセントです。
ピロリ菌の治療の流れを教えてください。
胃カメラと細菌検査でピロリ菌感染が確認されたら、治療を開始します。
当院では、現在、ボノサップという内服のセット製剤を処方しております。1日1枚ずつのシートになっており、1日2回内服します。1週間継続して内服していただき、その後4週間何も内服なしに過ごしていただきます。内服開始から合計5週間後に、尿素呼気試験という細菌検査を行います。胃カメラは不要です。
この治療でピロリ菌が消える確率は90%程度です。残りの10%は、再治療の対象となります。
当院の再治療では、ボノピオンという内服のセット製剤を処方します。ボノサップと同じように、1日1枚ずつのシートになっており、1日2回内服します。
1週間継続して内服していただき、その後4週間何も内服なしに過ごしていただきます。内服開始から合計5週間後に、尿素呼気試験という細菌検査を行います。
再治療でピロリ菌が消える確率も同じく、90%程度です。副作用は、除菌治療中に頻度の高いものとして、下痢と吐き気があります。また治療後、長期的には胃酸分泌が改善するため、逆流性食道炎を起こす可能性があります。
ピロリ菌が消えたら、もう胃カメラはしなくてよいのですか?
胃カメラは年1回継続して受診することをお勧めします。ピロリ菌が消えると、胃がんを発症するリスクは8分の1程度になります。ピロリ菌が消えた後は胃がんが発生する確率は低下しますが、まだピロリ菌による慢性胃炎は残りますので、1年に1回の胃カメラを継続する必要があります。
胃がんは萎縮性胃炎というピロリ菌が起こす慢性胃炎から発生します。ピロリ菌除菌後の定期的な胃カメラは、日本消化器内視鏡学会からも推奨されています。
ピロリ菌が消えたかどうかは、どのように判定するのですか?
当院では、除菌治療の内服終了から4週間後に除菌判定を行います。除菌判定は、尿素呼気試験という、内視鏡を使わない方法で行います。
ピロリ菌が尿素を分解する特徴があることから開発された検査です。午前中に検査来院される場合は朝食抜き、午後に来院される場合は昼食抜きにて来院してください。
まず、なにもしていない状態で呼気を取らせていただきます。次に検査試薬を飲んでいただきます。
左側を下にして横になっていただき、5分間そのままの体位をキープしていただきます。その後、15分後にもう一度呼気を取らせていただきます。結果は1週間後に説明いたします。
ピロリ除菌で一度除菌しても再発はあるのですか?
国内の研究で再発率は、年1-2パーセントと報告されています。多くの場合は、除菌治療後の判定が不正確だったためと予想されます。
当院ではご希望の方に、本当に除菌できているかをチェックすることができます。保険診療で行います。費用は3割負担で4700円程です。検査のみの金額です。初診料などは含みません。


その他Q&A

「ABC検診」とはどのような検診ですか?
ABC検診は、血液検査で胃がん発症リスクを測定する検診です。胃内視鏡は含まれません。ピロリ菌に対する抗体と、ピロリ菌による胃炎、すなわち萎縮性胃炎を反映するペプシノーゲンを測定する検診です。両者のデータにより評価します。胃内視鏡を受ける動機付けとして活用するのはよいですが、胃痛などの症状の指標とはなりません。
内視鏡ってなんですか?
おおまかにお答えします。内視鏡とは、胃カメラと大腸カメラの総称です。正式には、胃カメラは上部消化管内視鏡、大腸カメラは大腸内視鏡と呼びます。胃カメラという名称の由来は、胃カメラが1949年に東京大学で開発された当初、胃の中を撮影するカメラという位置づけであったといわれております。現在の胃カメラは、胃カメラの中から胃の組織を採取したりする器具や電気メス、止血器具を出したりすることができて、大きく進化しています。内視鏡の進歩は著しく、超音波装置を先端に装着した胃カメラ(超音波内視鏡)や、胃カメラの中からさらに細い胃カメラを出して胆石の治療をするもの(経口胆道鏡、けいこうたんどうきょう)などもあります。
内視鏡内科は内視鏡しかしないのですか?
夙川内視鏡内科まえだクリニックは、胃カメラや大腸カメラを主体とする内視鏡専門クリニックですが、院長の前田晃作は胃腸内科や一般内科についても対応することができます。逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、高血圧、糖尿病、風邪や肺炎など幅広く対応できますので、是非一度ご相談ください。土日もクリニックは診療しておりますので、是非お役立てください。
糖尿病の薬を飲んでいますが、大丈夫でしょうか?
糖尿病の薬を内服しているときは原則、事前診察が必要です。
アルコールかぶれしますが、対応は大丈夫ですか?
クロルヘキシジングルコン酸の消毒綿も用意していますので、ご安心ください。
クレジットカードや電子マネーで診療費を支払うことはできますか?
何千円以上といった制限なく、診療費をクレジットカードや電子マネーでお支払うことができます。
胃がん健診のチケットがあるのですが、受診できますか?
残念ですが、当院は西宮市からの健診業務委託を受けておりません。腹痛や胸焼けなどの胃腸症状があれば、保険診療で胃カメラを行うことができます。
鎮静剤(麻酔)の副作用はどんなものですか?
呼吸抑制、低血圧、覚醒遅延によるふらつき、などが考えられます。いずれも一過性のもので、急速に回復します。検査中に酸素投与を一時的に行うことがありますが、生体モニターの情報を基にゆっくりと麻酔をかけますので、重篤な副作用は経験したことがありません。
腸内洗浄はしていますか?
ご希望の方が多く、対応を開始しました。下剤注入法を応用し、鎮静剤で眠った状態で、胃カメラを通して下剤を十二指腸へと注入します。1~2時間ほどでトイレに行きたくなります。保険診療とはなりませんので、自費診療にて行います。費用は35,000円となります。胃カメラの時に病気が見つかり組織検査を行ったときには、組織検査分を保険診療としますので、健康保険証も当日にお持ちください。